ZELLO PTT Bluetoothボタンでの挙動

Bluetoothボタン(メディアボタン)でのPTTの挙動があやしいのでいろいろ確認してみました。

・ZELLOアプリが前面に出ている(フォアグランド)の時は反応しない

・設定ーPTTボタンー再生(再生ボタンを割り当てている)を選択し

「バックグランド時もヘッドセットのキーによる操作を有効にする」にチェックし

Button contactで相手のユーザーを選ぶ

この状態でZELLOアプリをバックグランドの状態(他のアプリかホーム画面が前面に出ている状態)にすれば選択した相手(グループ)には普通に使用できます。

同じ設定でもZELLOアプリがフォアグランドの状態だと動作しません。

スマホの機種によるのかアプリの不具合なのか不明です。

このスマホもそう長くないと思うので更新するかソフトがアップデートされたらまた試してみようと思います。

ZELLOモービル機n号機( Bluetoothの不具合)

もう何号機かわかりませんが作りました。

仕様は以前とほぼ同じ

本体は富士通のMCAにPanasonicのスピーカーマイク

Bluetoothモジュールは BK8000L

DCDCコンバーター、

AFアンプはTDA2030のモジュール

最近あんまりZELLOを利用していなかったのですが、久しぶりに使ってみるといろいろ不具合があります。

症状1 PTTを押す→音楽が再生される

これはBluetootjのPLAYボタンをPTTに割り当てているので覚悟の元ですが以前はZELLOアプリをアクティブにしていたら問題無かったのに、今はそれでも音楽が再生される

何回かやっているうちに問題なくなり普通に使えるようになる。

症状2 PTTを押す→何も起こらない

android端末を再起動すると正常になることもあるけどよくわかりません。

画面のボタンで送信したらマイクはBluetoothになっているので接続は出来ている模様

PTTボタンの割り当て(PLAY)を一旦削除して再割り当てするとその時は設定完了するので信号の接続も問題ない模様、でも送信状態にならない

同じ状態で違うandroid端末から接続すると問題ないので端末特有のBluetoothの処理方法が違うのでしょうか?

いろいろやってるうちに一旦動作すればそのまま使えますがどちらか(ZELLO、Android)がアップデートされるのを待つしかない?

でもStandardの筐体に入れたのは問題なく繋がっているような・・・。

それとZELLOの今のバージョンではアラート音が全く出なくなりました。スタンバイ・ザーもPTT押した時のピッも鳴りません。これもスマホだけでタブレットは問題なし。

ダミーロード製作

150Wタイプの抵抗を適当なヒートシンク(数十W?)に取り付けてジャンクの無線機から取り外したコネクタコードを付けました

FT-817の出力をオシロで測っているところ

サーマルカメラで見るとどうも上の白いところが熱いので

サーマルパッドを挟んで銅の板で押さえました。

あんまりよくわかりません。

100均パドルの調整

出来上がって無線機につないでみると明らかに符号がおかしい。

”N”が”K”になったり”J”が”テ”になったり

信号を見てみると

ch1=VBE ch2=VsenserOUT

上がキー出力、下がセンサー電圧

明らかにOFFするのが遅いのでコンパレーターの基準電圧を下げて

こんな感じで。

今回適当な抵抗とVRで 1/2電源電圧~0Vまで調整できるようにしたけどちょっとクリチカルなので、次回はもうちょっと調整領域で解像度上げて調整しやすいようにします。

100均パドル完成

モールス打電用の電鍵(キー)自作しました

土台も100均のコレクションケース(?)に固定し裏に耐震パッドを貼り付けました。

圧力センサー式(無接点)TTL出力

センサーはAliexpressで一個200円程、1kgのタイプを使っています。

真ん中の金具はホームセンターで調達 ゴム足を両側から抱いてセンサーに当たるようにしています。

100均の定規でパドル

100均の定規2つと圧力センサーでパドル(電鍵,キー)を作りました

圧力センサは押さえると抵抗値が下がるアナログ出力なので手元にあった汎用オペアンプをコンパレーター代わりに使用しデジタルトランジスタでTTL出力にしました。

汎用オペアンプなのでちょっと遅い?

ちょっと怪しい感じもありましたがマイコンのエレキーに入れたところ問題なさそうです。

再生環境によって音が出ないようです

最初、タッチセンサーでやろうとしたのですが

近づくだけでONになるので諦めて圧力センサーにしました。

CW練習器(エレキー)

CWを練習しようとエレキー作りました
中華製Arduinoモドキ、
中華製DCDCコンバータ
100均のケース
総額400円くらいで出来ました。
(キー別)

何処にでも持ち歩いて練習できるカナと思いましたがキーを持ち歩くのは大変です。
今度ケースにキーを実装したくなりました。



BMP280温湿度気圧計

Arduino nano(モドキ)とBOSHCのセンサーBMP280を実装したモジュールを使って温度、湿度、気圧計を作りました。


在庫にあった液晶以外すべてAliexpressで調達
合計700円くらい。
ケースは100均で売ってる「受け付けはこちら」みたいなやつです。

台風がくるとどんどん気圧が下がっていきます。

中国のJJY (BPM)でFT-100の周波数を確認してみました

FT-100のスピーカー出力をPCのLINE入力に接続しておきます。
PCでWaveSpectraを立ち上げ10MhzのBPMを受信
まずUSBモードでキャリアのビートを300hzに合わせました


その時のFT-100の周波数は9.999.715

同じくLSBモードで



周波数は10.000.325
 

USBは301.5hz差のはずが285hz差表示 その差16.5hz
LSBは301.5hz差のはずが325hz差表示 その差13.5hz
USBとLSBでずれが違うのはキャリアポイント??
configmenuを見ていると設定値が
F 53 TRX LSB CAR 0.12
F 54 TRX USB CAR 0.050
このあたりの調整でUSBとLSBが揃うのでしょうか・・
仮にに上下1.5hzづつ動くと15hzのFずれという認識でいいのかどうか思案中です。